レアルタウン湘南

  • 物件概要
  • コンサル内容
  • メディア掲載

オーナー、入居者ともに

ステイタスを感じる低層集合住宅

的確なデューデリジェンスと折衝能力でほぼ希望通りのプランに!

このプロジェクトの敷地は法規上規制が厳しく、オーナー様より最善策を講じたいということでご相談がありました。そこで低層で魅力的なプランをご提案しました。 南向きでも一階の日照は乏しく、眺望も期待できません。

ワンポイントアドバイス 周辺の道路環境で建築規模もコストも変わる!? このプロジェクトでは法規上高さ10mまでしか建築できませんが、法規制がゆるい地区でも、周辺の状況により、建築規模が制限される場合があります。 例えば、道路幅が狭い場合、大型車輛が入れないなど施工が通常よりも困難になときには、建築費が割高になる傾向にあります。

人々が憧れる建物を「所有する」ステイタスを感じていただく

同じ創るなら、「あんなマンションに住んでみたい」と道行く人に思われるような建物にしたい、と思ったことはありませんか? この物件はオーナー様の自宅からも近く、「年月を経ても人々が憧れるような建物にしたい。」というオーナー様のご希望があり、入居者、オーナー様が『住む』または『所有する』醍醐味を満喫できるプランとそのプランを最大限に活かすことのできる建築家をご紹介しました。

ワンポイントアドバイス プリズミックが手がけるプロジェクトは雑誌に紹介されやすい!? 最近のデザイナーズマンションブームでそれを扱う雑誌やコーナーが増えていますが、プリズミックは一流建築家たちとパートナーシップを結んでいますので、マスメディアから取材を受ける可能性が高くなります。 メディアで紹介されれば当然反響があり、単にデザイン性を評価されるだけではなく、多大な広告効果が得られます。 『入居者を探さなければならない部屋』ではなく『入居者が探している部屋』を創っていきたい。そうすることが、オーナーであるステイタスを実感でき、最終的には経営に大きくプラスになると私たちは確信しています。 プリズミックの戦略的なプランニングのノウハウががここにも隠されているのです。

「戸建風集合住宅」をイメージ、住人が自分らしさを表現できる空間を

このエリアは戸建が多いため、周辺環境に溶け込むことを目的に、各戸が個性を持った集合体をイメージして『戸建風集合住宅』を基本コンセプトとしました。 一般的な賃貸マンションは、入ったら突き当たりがベランダという間取りが多いのですが、今回の企画では、雁行した配置にすることで、窓を複数の面にとりつけることができ、光を取り込み、風が通りやすくなっています。 特にメゾネットタイプでは、上階と下階の位置をずらすことで、より空間の広がりを感じられるよう意図しています。(下図参照)

事業性を兼ね備えた作品へ

プリズミックでは、優れたデザインが優れた機能につながっているかどうかをチェックし、同じ家賃でもいかに付加価値をつけることができるか、同じ広さでもいかに高い家賃を設定できるかといった経営的なノウハウを取り入れて基本計画をいたします。 また、この企画案をもとに、さらに、美しく心地よい空間を持った作品とするため、個々の場所に応じ、最適と思われる建築家を選定し、設計を依頼しております。