alp

  • 物件概要
  • コンサル内容
  • メディア掲載

2010年度グッドデザイン賞

所在地 東京都北区赤羽西3丁目
設計 平田晃久設計事務所
構造・総戸数 RC造3階建て・12戸(自宅1戸)
竣工年 2010年3年
間取り 1R・1LDK
敷地面積 294.02m2(88坪)
延床面積 499.00m2(88坪)
住戸面積 24.13~79.77m2

建築家紹介

平田晃久設計事務所代表
平田晃久

1971 大阪府に生まれる

1994 京都大学工学部建築学科卒業

1997 京都大学大学院工学研究科修了

1997 伊東豊雄建築設計事務所

2005 平田晃久建築設計事務所設立

デザイン解説

建築を、箱状の領域をつくる行為としてよりは、地面が隆起してできたしわのようなものとして捉え直せないかと思いました。 ここでも、内外の押し合い圧し合いが凹凸のある壁や屋根のようなものを生み出し、一体感がありつつも絶妙に分節されたボリュームをつくることを考えました。 各住戸へはボリュームのへこみ部分にあたる屋外の通路から直接アプローチします。 それぞれの部屋は、こうした内外のせめぎあいをそれぞれに反映します。 屋根型がダイレクトに現れたり階段が室内に斜めの出っ張りとして現れたり、壁の凹凸が室内をひずませたりしています。 自然の地形の生成や、細胞分裂の過程を思わせる方法によって生まれた建築は、思いのほか一戸建ての住居が立ち並ぶ屋根の連なる風景になじんでいます。